スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rollin'And Tumblin' by Boss~Bossのバンド継続日記 Vol.7

 今回の特集は、何と「上半期の収穫」だそうで。これは、具体的なテーマが浮かばなかったんでしょうな(^^ゞ
 しかも、これなら楽勝です。
 今、聴いたことのなかったものを、一つ一つ聴いている、「アトランティック・R&B・ベスト・コレクション」。やっぱり、これに尽きる!ということにしておきます!
 
 何と言っても、素晴らしいのが1枚1000円という価格!ハイ・レーベルの同様の企画も素晴らしかったですが、こっちは、1枚1890円ですから(^^ゞ

 もちろん価格が安いから素晴らしいのではなく、200タイトルのうち、一体何割がいわゆる「名盤」なんだ・・・・というくらい内容が充実しているんですから・・・これから聴いてみようという方にも、ホントに自信をもって、強く強要できるシリーズであることは間違いありません!レコードでさんざん聴いたあの名盤・・・一応手軽にCDでも持っておこうか・・・というベテランのニーズにも応えることができるシリーズでもあります。

 全部買ってもたった?20万ですから(^^ゞ

 レイ・チャールズ、ルース・ブラウン、ジョー・ターナー、クライド・マクファター、ラヴァーン・ベイカー、アイヴォリー・ジョー・ハンターといった、R&B時代の巨人たち・・・・意外や意外、Tボーン・ウォーカー、ジョン・リー・フッカー、フレディ・キング、オーティス・ラッシュ、ギター・スリム、バディ・ガイ&ジュニア・ウェルズなんていうブルーズの巨人も・・・・・そして、もちろん、オーティス・レディング、ピケット、サム&デイヴ、アレサ・フランクリン、ソロモン・バーク・・・といったソウルの巨人たち。さらには、ダニー・ハザウェイなどの70年代以降のニューソウルの面々・・・いずれも王道中の王道と言って過言ではありませぬ。

 ちなみに、このシリーズには出てきませんが、ロックの世界で言えば、ヤング・ラスカルズ、バッファロー・スプリングフィールド、クリーム、クロスビー、スティルス&ナッシュ、AC/DC、レッド・ツェッペリン、イエス、キング・クリムゾン、エマーソン・レイク・アンド・パーマーなどといった、これまたビッグ・ネームが多く所属しております。ご参考まで。

 で、今回の収穫としては、オーティスやアレサ、ピケットなど学生時代に聴きまくった偉人ではなく、当時、頭の中の「買い物カゴ」には入っていたものの、経済事情からとても入手することができなかった人たち・・・それら全部・・・ということになります。

 具体的には、まずスィート・インスピレーションズです。
 スイート・インスピレーションズは、アレサ・フランクリンやオーティス・レディングやウイルソン・ピケットなど60年代のR&Bのスターたちの、ステージとレコーディングのバックコーラスとしても活躍したとされていますが、自身の作品もたくさん残しておりまして、ファースト、セカンドあたりの濃厚な充実ぶりは、もう文句なし!と言えます。
 その中心がシシー・ヒューストン、ホイットニー・ヒューストンのお母さんであります。
 大好きなソウル・チルドレンに似た濃厚さ・・・それが素朴な感想ですが、結局は、ゴスペル色が強いところが共通しているんだろうと思います。

 次に、ブルー・マジック。
 「スウィート・ソウル」とか「甘茶ソウル」などとカテゴライズされていますが、これまた無茶濃厚な味わいです。
 パーラメントの超名盤「マザーシップ・コネクション」のA面一曲目、P-Funkの中で、「ブルー・マジック、デヴィッド・ボウイ、ドゥービー・ブラザーズ・・・」というくだりがありまして(ありましたよね??)、その印象がすごく強いのです(^^ゞおそらく、その歌詞世界は、「(当時売れていた)ブルー・マジック、デヴィッド・ボウイ、ドゥービー・ブラザーズ・・・確かに奴らもクールだけど、奴らがこんな風にファンクを演奏は出来ないだろ??」というような意味ではなかと、学生時代のときから信じ切っています。間違ってったら情けない話ではありますが・・・(^^ゞ(でも、誤りでしたら遠慮なくご指摘くださいますよう!)

 そして、ベティ・ライト。この方は、レア・グルーヴのファンに根強い人気だそうで・・・(^^ゞベティと言えば、ベティ・ハリス!ニューオリンズの歌姫ですが、私にとっては、この方が最高ということもあって、CD持っていたのに、あまり聴いておらず、おかげで、今回の1000円シリーズで重複して購入してしまったという情けなさ・・(^^ゞ
 でも、一般的には、ベティといったらこの方、マイアミのソウル・クイーンというわけで、早熟でもあり、どの作品もその充実度が高く、大いに納得した次第であります。いまさらで申し訳ありません!

 とまあ、こんな感じで、まだまだアトランティック・レーベルの汲めども尽きない魅力にはまったまま、抜け出せない私でありますが、同じような皆様(いるのかわかりませんが)には、次のDVDをお供として勧めておきます。最高に面白いですから!

 外交官の息子アーメット・アーティガンが、アメリカのジャズに心を奪われた・・・これがすべての始まりだったわけです。これぞアメリカン・ドリームというやつでしょうか。是非ご覧になっていただければと思います。

アトランティック・レコード:60年の軌跡(ATLANTIC RECORDS:THE HOUSE THAT AHMET BUILT (ATLANTIC RECORDS 60TH ANNIVERSARY-AMERICAN MASTERS))

アトランティック・レコードを築いたアーメット・アーティガン氏と、同レーベルの偉大なる軌跡!
関係者や所属アーティストのトークから新旧パフォーマンス映像までを交えて構成された、レーベル創立60周年を記念して制作されたドキュメンタリー映像!!アトランティック・レコードを築いたアーメット・アーティガン氏と、同レーベルの偉大なる軌跡!

 続く・・・

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様です!

アトランティックR&Bの1000円シリーズ、ワタシも何枚か有難く購入しております!スウィート・インスピレイションズのファースト、まだ聴いてませんけれども、ワタシも買いましたよ(^_^)♪

最近ウッドストック・サウンドに興味を持って夜な夜な家で聴いておりますが、カーステでは相変わらず毎日オーティスを聴いております♪ってゆーか正直言いまして入れっぱなしなだけなんですけど(^^;ゞ。。。ソウル・アルバムのチェイン・ギャングとか、会社に行くまでにかけて、まぁしゃーないや、がんばろう!などと思う日々であります(笑)。

P - Funkのマザー・シップ・コネクション1曲目は、ワタシが生まれて初めて「クロイってゆーのはこーゆー感じのことなのかな?」って思った曲です♪昨日ウッドストック・サウンド関連として「ジョン・ホールの世界」を聴いて、ある曲からステイプル・シンガーズを思い出してYouTubeで聴いていたのですが、やっぱりコクが違うよなぁ~と思いました。それでまた、マザー・シップ…の1曲目のことを思い出したりしてました(^^ゞ。

別にどっちが良いってゆー訳じゃなくて、相互に影響され合って音楽が熟成されて…などと言うのは釈迦に説法ですけれども(汗;)、今後もお小遣が許す限り楽しんで参りたいと思います~。。。それでわ(^_^)/~♪

ええね。ええね。

どれもええね(^^ゞステイプルの濃厚感。たまらなくええね(^^ゞ
プロフィール

BOSS&W

Author:BOSS&W
静岡市内を中心にライヴ活動をしているブルースバンド。
ブルース、R&B、ロック、レゲエ、ソウル、ファンクなどのカバーを中心に演奏しています。
大好評の1stアルバム、絶賛販売中です!

にほんブログ村 音楽ブログへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。皆様のクリックをお待ちしております。

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。