スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オジー降臨

 私にとって、オジーは、ブラック・サバスの一連の作品、具体的にあげれば、ファーストから4枚目の傑作群がやはり一番ではあります。

 この映画では、ブラック・サバスについて、ポール・マッカートニーが「今聴くと意外に普通」と仰っていますが、奇抜だったから良かったのではなくて、労働者階級であったメンバー全員が、同じような環境にあったと思われるビートルズに衝撃を受け、ブルーズをベースにビートルズとはまた違った新しいロック音楽を作っていったという点に共感というか、納得しています。素晴らしい!と思うのです。

 オジーは映画の中で「当時のイギリスの状況では、労働者階級は、刑務所か工場にはいるくらいしか未来はなかった。そこにビートルズが登場し、未来が開けた」というような趣旨のことを仰っています。経済的格差による貧困の広がり・・・この点については、現在の我が国にも共通する点も少なくないように思います。

 一方、あっという間にロック・スターになってしまったことによる弊害が、実にリアルに語られます。何といっても、撮ってるのが、実の息子で、オジー自身も「ありのままを撮れ」と指示したとのことですから、ありえないシーン満載です(^^ゞドラッグと酒、常軌を逸した行動の数々・・・・まあ、やっぱり、すごいです。というか、最低最悪と言った方がいいかもしれません(^^ゞ

 存在がロック!良い意味でも悪い意味でも・・・・(^^ゞモーターヘッドのレミーと同じく、そういう方ですから、ロック・ファン以外の方が観ても衝撃的なことは間違いないと思います。気に入った方は、ロックな人、そうでない方はロックとは無縁の方・・・ということになるのでしょうか(^^ゞ

 唯一不満なのは、オジーの音楽についての突っ込んだ描写がないこと、やっぱ、息子さんは若いからねえ・・・どんな音楽を聴いて影響を受けたか、ランディー・ローズとはずっと音楽談義をしていたそうなんで、どんな話をしていたか・・・やっぱり、ロック・スターの映画なんで、そこが肝じゃないかなあ・・・・(^^ゞ 
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BOSS&W

Author:BOSS&W
静岡市内を中心にライヴ活動をしているブルースバンド。
ブルース、R&B、ロック、レゲエ、ソウル、ファンクなどのカバーを中心に演奏しています。
大好評の1stアルバム、絶賛販売中です!

にほんブログ村 音楽ブログへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。皆様のクリックをお待ちしております。

FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。