スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろと聴いてはおります(^^ゞ

 本業や、本業関係の仕事、その他もろもろ、ありがたいことに忙しくさせていただいておりまして、バンド活動もなかなかままならない状態が続いております(^^ゞ

 思えば、もう今年は半分経過したにも関わらず、ライヴは一度しかやってないという有り様・・・(^^ゞこれじゃあ、欲求不満もたまってくるわな・・・(^^ゞ

 聴く方も、あいかわらず、じっくりライナーノーツを読みながら、お酒をちびちびと・・・ターンテーブルを忙しく替えっこして・・・なんて聴き型もできず・・・(^^ゞ

 ま、そうはいっても、赦される限り、BGMには音楽を流します、こうやって早起きしたときは、チャンス!とばかり、聴こう聴こうと思って積み上げているCDを・・・・

 というわけで、今は、1970年のマイルスのセッションを・・・

 一方、いまだにアフリカの無尽蔵な音源の発掘は入り口に立ったばかりで、気になったものから手当たり次第?聴いております。

 他方(^^ゞ、いわゆる主食(ブルーズやR&B,レゲエなど)以外には、スティーヴィー・ワンダーの一連の傑作群をカーステで聴いたり、ケイト・ブッシュの新作を聴いたり(でも、これは冬があってるわ、やっぱ)、キンクス、スモール・フェイセズなんかも久しぶりに・・・(^^ゞ

 相変わらず、雑食な私です・・・(^^ゞ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【いろいろと聴いてはおります(^^ゞ】

 本業や、本業関係の仕事、その他もろもろ、ありがたいことに忙しくさせていただいておりまして、バンド活動もなかなかままならない状態が続いております(^^ゞ 思えば、もう今年は半分経過したにも関わらず、ライヴは一度しかやってないという有り様・・・(^^ゞこれじゃ...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

数日前ケイスケさんから「デルバート・アンド・グレン・セッションズ1972-1973」というCDをお借りして聴いているんですが、これが最新のお気に入りです。スワンプ・ロックかな?めっちゃ好きです。ザ・バンドほど枯れてないけど(?)、それに近い土臭い感じがとても気に入ってます。お酒がすすみます(笑)。

その前はコンプリート・スタックス/ヴォルト・シングルズで和んでました。9枚組を、聴いたり休んだりで結局1年以上かかっちゃった(笑)。スタックスって意外と重くないんだね。もっと「男の世界」かと思ってたので、こんなにポップだとは予想外でした。もちろんそれが気に入らないってことじゃなくて、温かく楽しい気分にさせてくれるので大好きです。スタックス万歳(笑)。

ところでワッツ・タックスのDVDで、お笑い芸人みたいな人がジョークをまくしたてていて僕はぜんぜん面白さが分からなくて。これが笑えない僕って“分かってないんだろうな”と思っています。でもまぁいいや(笑)。それで、最近たまたま「スタックス/ヴォルト・レヴュー ライヴ・イン・オスロ 1967」のDVDを見たら、その人がブッカー・T & ザ・MG'sのドラマー、アル・ジャクソン先輩であらせられると今頃気付きました(笑)。それだけならまだしも、サム&デイヴのどっちがサムでどっちがデイヴかもこの度初めて認識しました(笑)。

マイルス繋がりでは、1年ほどマイルスの奥さんだったベティ・デイヴィスという人のファンク・アルバム(ファーストとセカンド)を最近聴いてました。ブルーズのパンク化がファンクだというBOSSの言を思い出しながら。ヴォーカルがエグ~イです(笑;)。

あとハウンド・ドッグ・テイラーのセカンドを最近初めて聴きました。ファースト・アルバムの成功(?)に気を良くしたのか(?)、エグさはそのままによりリラックスした雰囲(?)気が良かったです(笑)。ところどころで思わず笑いながら聴いてました。

BLUES & SOUL RECORDS誌の目下の最新号はジョニー・オーティスの追悼企画としての「R&B大研究」だね。また色々興味が湧いてしまってお金に困ります(汗)。

コージー大内さんのニュー・アルバムも聴きたいなぁ。僕としましては静岡ブルース・フェスティバルのトリとして是非ともお招きしてみたい方の一人であります(笑)。

そんな昨今でごじゃります。アフリカは聴いてないなぁ。ワールド・ミュージックということで聴いた時期が過去ありましたが、アフロ・アメリカン音楽のルーツとしての聴き方っていう事では未経験です。何かいいのがあったらいつか書いて下さいね!楽しみにしています。

tomooono

相変わらずの長文コメントありがとう!!スタッスもモータウンも、ゴールドワックスも、コンプリートで聴くと、全体が見えてくるよね。やっぱ売れたシングルの出来は格別だし、売れないものは、ほのぼのしてる(^^ゞ・・というか、当時のスタンダードのR&Bなんよね(^^ゞリチャード・プライヤー、私は一発で好きになったけどなあ・・・(^^ゞまあ、いいや(^^ゞマイルスの奥さん、下品よねえ・・・(^^ゞサウンドは好きなんだけど、正直歌が苦手・・・(^^ゞハウンド・ドッグのアルバムは駄作なしっしょ!少ないけど(^^ゞジョニー・オーティスはぜひぜひ。関連では、エスター・フィリップスが一番好きです!クライ・ミー・ア・リヴァーです!コージー買います!アフリカもいろいろあるんで徐々に紹介します!!!これで全部答えた??(^^ゞ

勘違い(汗)。

アル・ジャクソン先輩じゃなくてリチャード・プライヤーさんでしたか。恥ずかしいな。でも顔似てませんか(汗)?ワッツ・タックスでリチャード先輩を見ていてどうもジョークの意味が分からないところがあって、「?」と思っているとパッと画面が切り替わってしまって、何度か通して観てるんですが残念ながら毎度…(汗)。

どの音楽も鳥瞰図で大きく見れればいいんですがこの齢となるとなかなか困難です。残念ながら僕がそれをやるには時間的にもお金の面でももう遅すぎます。それでも、聴いてて楽しいなとか癒されるなとか、カッチョいいなとか、大雑把にはきっとそれでいいんでしょうけどね。

あとは友人知人と話したきっかけですね。ベティ・デイヴィスもヴァルキリーのメンバーさんと話していて聴いてみたくなりました。それにしても僕もそうだけど、やっぱり自分のバンドでやっている音楽に近いものを普段も聴きたくなるんでしょうかね(笑)。

> スタッスもモータウンも、ゴールドワックスも、コンプリートで聴くと、全体が見えてくるよね。やっぱ売れたシングルの出来は格別だし、売れないものは、ほのぼのしてる(^^ゞ・・というか、当時のスタンダードのR&Bなんよね(^^ゞ

モータウンもゴールドワックスも聴いてないけどそうなんだ~。良さげなシングル集をアマゾンとかで見つけたら聴いてみたいです。

最近ケイスケさんがスワンプ・ロックっぽい(?)インスト曲を作ったので、それでふとデラボニを思い出してネット検索して記事を読んでたら、デラボニの1stはスタックスからだったって知りました。でも逆差別に遭ってしまって、黒人向けのラジオ局から締め出されて、それでスタックスから離れたと読みました。だからスタックスのレコードってけっこうほのぼのとしているけど、そんな面もあったんだなぁって思った。

それが本当なら、スタックスがって言うより当時の黒人大衆の心理的に…っていうところなのかな。中村とうようさんが、白人は有色人種から復讐されるべきだって仰ってたと思いますが、復讐だったら、これくらいは復讐の内にも入らないんじゃないかなぁと。人間としての扱いを受けなかった恨みは大きいと思うし、された方は絶対忘れないよね。恐ろしいことです。

でも、ボニー・ブラムレットって子供のころから黒人居住区へ遊びに行っていて、“ハタチになるまでは自分が白人と意識したことがなかった”そうで、14歳だかでティナ・ターナーのバック・コーラスのアイケッツに入ったりして。デラボニの後ソロになってから、たまたまバーで居合わせたエルヴィス・コステロが酔っぱらってレイ・チャールズの悪口を言ったのでぶん殴ってしまったとか(笑)。そんなボニーのレコードでさえ黒人向けのラジオからは締め出されたという…。

BSR誌最新号にも、ジョニー・オーティスは自分のことを黒人だと思っていて公民権運動は自分自身の問題と捉えていたって書いてあったっけかな。R&Bの衰退期とそんな時期が重なって新譜発表が停滞した時期があったとか…。

違うかもしれませんが、ケイスケさんに、最近デラボニが聴きたくなってますって言ったので、「これ(DELBERT McCLINTON & GLEN CLARK)知ってる?」と言ってCDを見せてくれたのかなと想像してますが、僕はそれをお借りして聴いて、とても気に入ってます。

●Delbert & Glen - Old Standby
http://www.youtube.com/watch?v=-sCZsHyxMHU

●Delbert & Glen - California Livin'
http://www.youtube.com/watch?v=-yKBqJBuq6k

スタックスのシングル・ボックスの中では最近これが好き!
●JOHNNIE TAYLOR - YOU CAN'T GET AWAY FROM IT
http://www.youtube.com/watch?v=oqMsGHOmVRM

コージー大内氏セカンドアルバムの、レコ発記念ライヴの動画がようつべにあったよ。偶然この曲もスワンプ・ロック風(?)。やっぱりコーラスが入ると雰囲気が出るねぇ。いいなぁ。
●コージー大内 – 大鶴村のサイレン
http://www.youtube.com/watch?v=wfeC8KFcT8c

また長くなりましてごめんなさい。それではこの辺で。

おお

もういっちょですな(^^ゞ鳥瞰図、まだまだ遅くないよ!十分間に合います!お金も(^^ゞ乱暴かもしれませんが、とりあえず、なんでもコンプリートの録音集買って、とにかくBGMに流し続ける・・可能な限り・・・とりあえず、これでよろしいかと(^^ゞ
デラニー&ボニーですか・・・白人になると、とたんに弱くなる私・・・(^^ゞ
ほとんど知りません・・・(^^ゞ勉強します・・・(^^ゞ 取り急ぎ。

Delbert & Glen

いいですね。こういうのは一発で気に入りますので、アマゾンでぽちっとな(^^ゞ

ジョニー・テイラー

その曲ですか・・・渋い選曲だなあ・・・・まったく記憶のない曲だった・・・(^^ゞ

コージーさんって

ちょっと王様っぽい言葉づかいに聴こえてしまう・・・・(^^ゞ

浅く広く聴くヒント(照;)

この記事でボスと話してて、僕もレーベルのコンプリート・シングル集を攻める手もあるなぁと思いました。シングルだから庶民のニーズに応えよう、売れようと一所懸命だったでしょうし、その時代の空気も感じ取れそうで。それでモータウンのを検索してみたんですけど、今第11集くらいまで出てます?ひとつひとつが6枚組くらいで。め・・・めまいが(笑)。

最近買った本でサム・クックの事を読んだんだけど、同先輩の音楽の「多様性」について触れられていたのが印象に残りました。それで色んなレーベルのシングル集を聴くとともに、例えばピンでサム・クックみたいな人を選んで聴くのもアフロ・アメリカン音楽を鳥瞰するのに役立つかなと思いました。

アフロ・アメリカン音楽って、なんてゆーか濃いよなぁと思います。以前J.B.にも感じたことがあったけど、僕が感じるそれを一言で言えば「芸人根性」かな。“お客さんを楽しませるために受けを狙うのが当たり前。売れてナンボの世界なんだから”みたいな。

王様もコージー大内さんもファニーで(もちろん演奏は熟達しておられますよね)楽しませてくれますけど、こんなこと言うと生意気ですが、それは友達と音楽談義をしているみたいな楽しさが強いかな~と思います。そんな意味で芸人ぽくはないかなみたいな(この辺ってビートルズ以降で変わったのかな?)。

今日は朝っぱらからアイク&ティナのようつべを見てました。最高の歌謡ショー(笑)。
●Tina & Ike Turner - Proud Mary
http://www.youtube.com/watch?v=54XRNQ2C2x0

ストーンズの映画ギミーシェルターを最近飛ばし見(汗;)したんですけど、そこでのティナはエロかったな~。アダルト・ビデオ見てるみたいでした(笑)。

つまらない話を毎度長々とすみません(汗)。それでは~。

久しぶり!!

boss、久しぶり!!!
只今無職!!!
毎日だらだらと・・・・・・!!!
最近、ベンツのカーステレオで、ドアーズ聴いていますよ!!!
道楽部屋では、アン・ルイスや大橋純子も!!!
当然、リトル・ウォルターも!!!
チェスの2枚CD、オルタネイト録音が多く、面白いね!!!
近いうちの、アーカフェ連れて行ってくれませんかね???

Mighty Sukebe Taki

おつかれー

ギターとアンプ、最強のコンビネーションでしたね!まじでしびれましたよ!これからのライヴ、ますます期待できそうですね!
さて、モータウンのシングル集。はい。11のBまできてますな(^^ゞでも、これすごくいいんですよ。難点は、解説の和訳がないこと・・・・(^^ゞしっかり読める日が来ないまま終わりそう・・・(^^ゞ
サム・クックは、仰る通り、彼をじっくり最初から最後まで聴くだけでも、相当の守備範囲になるでしょうね。ぜひ、ゴスペル時代からどうぞ(^^ゞ
他にそういう方としては、やっぱJ.Bかなあ(^^ゞ
売れてなんぼ!ってのが、分かりやすいですよね、道が限定されているから。我が国だと、普通に会社に勤めればいいじゃん!って思うような人が売れてるけど(^^ゞ
あれは・・・朝から観るようなもんじゃないしょ(^^ゞ

師匠!

ご無沙汰です!え?無職すか??(^^ゞ
いよいよホントに悠々自適な生活に突入とか?(^^ゞ
ドアーズ!!いいですねえ・・・
アーカフェへのご挨拶ですね?
敏ちゃんが連絡してくれる手はずになっていますので、少々お待ちを(^^ゞ

師匠!

アーカフェ行きは、いつぐらいがご都合よろしいでしょうか?お聞かせくださいまし(^^ゞ

No title

ボスは“トモーノの場合婚活も兼ねてるからなぁ”と言ったけど、ボス&敏ちゃんとブルースやることを念頭に選んだギターとアンプです。良かったでしょ^^?あと問題なのは腕だけ(笑;)!

聴く方はちょっと絞って考えても、すぐ「特大」カレーとか同オムライスとかの絵が浮かんでしまいます。5人前分くらいを一皿にコテコテに盛ったやつ(笑)。11のB?と思って検索してみたら、第11集のAに入りきれなかった120曲がBとして出てるんですね(笑;)。

今日はこれくらいにしといたろかい~って気分になりました(笑;)。とりあえず第1集をポチッとしてみようかな?

ワシオさんのデラボニからデレクドミノへ至るお話、参考になりましたね。流石と思います。こちらもデラボニの1stから聴いてみようかなぁ。アマゾンに無いんですか???

忙しくて風邪をひいて、今夜はコーネル先輩のドゥーイン・オーライトに入っているRainy Night In Georgiaをリピートで聴きながらぼーっとしております。今の季節のちょっと疲れた寂しい夜はこんな曲が心に滲みるなぁ…。

いやー

身内をここで褒めるってのもなんなだけど(^^ゞ、腕は十分しょ。鬼に金棒ってやつですよ、まさにね!これでコンカツもばっちりしょ(^^ゞ
デラボニ、ありましたよ。鷲尾さんに教えてもらって、ひとつぽちっとしました(^^ゞ
コーネル先輩すか・・・いいすねえ・・・達人・名人ですものねえ・・・是非、盗んでください!(^^ゞ

No title

コーネル先輩もDEB DYLAN君が言うところの間を活かした「弾かないギター」かなぁと思います。HURTSでもB&Wでも僕は間が持てなくて、つい隙間を埋めるように弾いてしまって。…そんな点で影響を受けたく思っています(^^ゞ。

コーネル先輩は

その両方できる達人って、イメージかなあ・・・もう何でもでけちゃう!みたいな(^^ゞ

No title

じゃあ僕が聴いたのは弾かない方のだったんだね(笑)。スタッフ/ガッド・ギャングのギタリストですから、そりゃ何でも出来ちゃうのかもしれませんが、少なくともどーだスゲーだろ!とテクニックで聴く人を圧倒してやろうとする方ではないような気がするんだけどな…よく分かんないけど…。コーネル先輩もCD1枚しか聴いてないから何とも言えませんです(笑)。

昔サントリー・ホワイトのテレビCMでガッド・ギャングのブルースっぽい曲が流れててカッコイイな~と思ったのを覚えてます。

ようつべにあったけど正直こんなんだっけ?と思いました。僕の記憶ですからやはりいい加減です(笑;)。
●THE GADD GANG SUNTORY WHITE TV-CM TVC 80's Japan
http://www.youtube.com/watch?v=UiSWEZQTeX8

僕はこの曲だと思い込んでたんだけど、上の動画を見る限りでは確認出来ず…。
●THE GADD GANG - Watching The River Flow
http://www.youtube.com/watch?v=fhOF9noySPo

これ、ディランの曲だったんですね。…このライヴ、スチール・ギターがいい感じだなぁ。
●BOB DYLAN - Watching The River Flow
http://www.njnvideo.com/2010/01/bob-dylan-watching-the-river-flow/
オリジナルはすごいメンバーでレコーディングされたんですね。ビックリしました(笑)。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E3%81%AE%E6%B5%81%E3%82%8C%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%81%A4%E3%82%81%E3%81%A6

ベティ・デイヴィスを知った時もそうだったけど、ちょっと調べるとすぐ色々と繋がって拡がってしまって、頭に特大カレーの図が浮かんでしまいます。本当にどうしたもんかなぁといつも悩んでおります(^^;ゞ。

独り言(笑)

今日の昼に、バーミヤンで冷やし担々麺の餃子・半チャーハンセットと野菜炒めを食べながら、先日買ったソウル本を読んでいたら、アトランティックの10枚組で1万5千円くらい(だっけかな?)の、R&Bに的を絞ったシングル集が国内盤CDで出てることを知りました!

今月はギターの小物(歪み系エフェクター3つとワウワウ及び木製の折り畳み式ギター・スタンド)で散財したから、月が替わったらポチッとしよ。楽しみです♪

今日(6/24・日)はライヴ・ハウス「マキタさんとミッちゃんトコ」で、僕が去年の秋に知り合ったケイスケさんという2コ上の先輩と二人で、HURTS BRAKERSとしての初ライヴをやらせて頂きます。頑張ります&楽しんで参ります!1000円で7組くらい出ます。6時開演で僕らは9時頃からです。当ブログをご覧の皆さま、よかったら遊びに来て下さい<(_ _)>!

訂正

HURTS BRAKERS(ハート・ブレイカーズ)は僕が入る前からライヴやっております。僕のHURTS(略してハーツ)での初ライヴとゆー意味です。

ああ・・

このディランの曲は、シングルなんで、オリジナル音源が・・・・(^^ゞ探したけど持ってませんでした・・・(^^ゞ
ベストにしか入ってないのかな。まだまだ詰めが甘かったですね(^^ゞ
大ファンを自認していましたが・・・(^^ゞ反省・・・
コーネル先輩。良いですねえ・・・実に。文句のつけどころがないと言いましょうか・・・(^^ゞ
今日のライヴ、行けなくて申し訳ない!ガンバってね!

No title

アトランティックの箱・・・レココレでも絶賛のデザイン(日本オリジナル)は高瀬君の仕事ですよ!

おお。高瀬さんでしたか!

それは絶対購入しないとですね・・・(^^ゞ
ありがとうございます!

わお♪

ワシオさん、そうなんですか~。わ~い、僕も絶対買います~(^O^)♪

プロフィール

BOSS&W

Author:BOSS&W
静岡市内を中心にライヴ活動をしているブルースバンド。
ブルース、R&B、ロック、レゲエ、ソウル、ファンクなどのカバーを中心に演奏しています。
大好評の1stアルバム、絶賛販売中です!

にほんブログ村 音楽ブログへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。皆様のクリックをお待ちしております。

FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。